PC高速化レシピ_windowsマシンの高速化メンテナンス方法紹介

使っていると日々重くなるWindowsマシンの最適化方法の解説・検討ブログ

周辺環境

涼しい環境に

こんばんは、
燃えPaPaです。

パソコンは、動作しながら熱を出し、特に重要なCPUなどは、
熱を冷却し続けないと動作不良に陥るほど熱に弱いです。

そんな理由から、パソコンは常に放熱、冷却が課題となり、
これに失敗して、熱がたまると、最悪停止し、そこまでいかなくても、
パソコン自体が、ハードの劣化を防ぐために、自動的にパフォーマンスを落として、
結果パソコンの動作が著しく低下します。

ですので、逆に言えば、効果的な放熱、冷却ができることで、
パソコンとしては最大限のパフォーマンスを発揮、高速化することができます。


パソコンを設置する環境を工夫すれば上記のような冷却は十分に可能でして、
実現する方法としては、

1.パソコンは空気の流れる涼しい場所に置く
壁際に置く際でも少し隙間をあけたり、
メタルラックの上に置いて前後左右に空間を作り、空気の流れを作りやすくする、
日陰に置いてそもそも外部の熱は受けづらくする、などができます。

2.部屋を冷却
よく知られるものとしては、
サーバールームの中は一年中低温に保たれているように、
パソコンを置く部屋もエアコンで低温にしておくと動作がよくなります。

65722304_624


3.直接冷却
一般的にパソコンは各種パーツやケースにファンがついていて冷却してくれますが、
それに加えて、マシンに付属して冷やす外部パーツもあります。
小型パソコンやノートパソコンでしたら、
すのこタン
こうした冷却台などに乗せて直接冷やすこともできます。

item-lineup-012-004


以上、簡単にではありますが、パソコンを置く環境によって、高性能化する手法の内、
冷却に重点をおいた策をご紹介しました。

よろしければ参考にしてください。


燃えPaPa

お掃除をしましょう

こんばんは、 燃えPaPaです。

こちら、今回は実体験をこみで、
周辺環境の改善アドバイスです。

ずばり!シンプルですが、パソコン周りはこまめに掃除しましょう。
パソコンはこだわってファンレスパソコンを買ったりしていない限り、
デスクトップでも、ノートパソコンでも、ファンがついていて、
ケース内の冷却のために、外の空気を吸って、熱い空気を排気しています。
この繰り返しで、常に熱くなりがちなマシンを冷やします。

この際、部屋が汚れていてもいなくても、時間が経つと、ファンのある吸気口にはほこりがたまりやすいです。
ここでほこりがたまってしまうと、どんどん吸気性能が悪くなり、
次第にマシンの熱を下げる機能が低下していきます。
結果、マシンは熱が上がり、その分自己防衛機能でパフォーマンスが落ちてきます。

これを避けるためにも、
パソコンの吸気口や排気口、さらにはパソコンを置いている周りは常にきれいにするようにしましょう。
実際、パソコンは多くの場合部屋の隅などに置かれがちですので、
短期間でもほこりがたまりやすいです。

うっかりコンセントや基盤がほこりのせいでショート、なんて事故も避けることにもなりますし、
このことはどうぞ心に留めておいてください。


燃えPaPa
スポンサーリンク
livedoor プロフィール
最新コメント
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ