こんばんは、 こうちゃんです。

今回も、手軽にできるソフトウェア面での改善をご紹介します。

その手段は、
電源オプションでパフォーマンスアップ!
です。

コントロールパネルの電源オプションを開き、
プランの中に、高パフォーマンスという選択肢を探し選びます。
多少機種に左右されますが、
ほとんどの場合この高パフォーマンスモードが一番電気をくいますが、
動作も早くなるモードです。

これは、本体の性能アップに伴い、
その分電力消費が上がってしまいますので、
持ち運びのノート等でしたら、その分バッテリー消費が早いことだけは認識の上で取って欲しい手段です。
ただ、パフォーマンスが欲しいようなじっくりパソコンを使うような状況でしたら、だいたい電源ある環境下でしょうし、コンセントさえあれば、ノートもフルパワーで使っちゃってください。

また、デスクトップパソコンとかでしたら、
コンセントから食う電力なぞ微々たる違いでしかありませんので、
どうぞためらわずに設定してしまってください。

こうちゃん