PC高速化レシピ_windowsマシンの高速化メンテナンス方法紹介

使っていると日々重くなるWindowsマシンの最適化方法の解説・検討ブログ

お掃除をしましょう

こんばんは、 燃えPaPaです。

こちら、今回は実体験をこみで、
周辺環境の改善アドバイスです。

ずばり!シンプルですが、パソコン周りはこまめに掃除しましょう。
パソコンはこだわってファンレスパソコンを買ったりしていない限り、
デスクトップでも、ノートパソコンでも、ファンがついていて、
ケース内の冷却のために、外の空気を吸って、熱い空気を排気しています。
この繰り返しで、常に熱くなりがちなマシンを冷やします。

この際、部屋が汚れていてもいなくても、時間が経つと、ファンのある吸気口にはほこりがたまりやすいです。
ここでほこりがたまってしまうと、どんどん吸気性能が悪くなり、
次第にマシンの熱を下げる機能が低下していきます。
結果、マシンは熱が上がり、その分自己防衛機能でパフォーマンスが落ちてきます。

これを避けるためにも、
パソコンの吸気口や排気口、さらにはパソコンを置いている周りは常にきれいにするようにしましょう。
実際、パソコンは多くの場合部屋の隅などに置かれがちですので、
短期間でもほこりがたまりやすいです。

うっかりコンセントや基盤がほこりのせいでショート、なんて事故も避けることにもなりますし、
このことはどうぞ心に留めておいてください。


燃えPaPa

パフォーマンス優先に

こんばんは、
燃えPaPaです。

Windowsを高速化する設定面での初歩は、
コントロールパネルのシステム設定で、パフォーマンス優先にすることです。

Windowsは、Windowsエアロと呼ばれる、ウインドウを開く時のアニメーションをはじめ、
フォルダの動作、アプリ立ち上げ時、などなど、多彩な視覚効果を使っています。
他、ウインドウの枠の透過など、なくても困らない部分にまでパフォーマンスを使っていまして、
それらをすべて切ってしまうことで、メモリの節約、および、動作の快適化が図れます。

vista-performance4

コントロールパネルのシステム→システムの詳細設定から、
パフォーマンスを選んで、パフォーマンスの優先、を選択しますと、
Windows独特の画面効果(ウインドウのアニメーションのような)が全部切られ、まるでXP時代のようなレトロな外観になりますが、これがが一番PCに負荷をかけないので、動作が高速になります。

見た目はやや古臭くなりがちですが(Windows10あたりはそうでもない)、
全体的に動作が軽快になりますので、
高速化の初歩としては大変オススメです。


燃えPaPa


Windows環境での高速化に重点を

こんばんは、
燃えPaPaです。

以前に各カテゴリの解説等いたしましたが、
本ブログのPC高速化の極意に関しましては、
主にWindows環境での高速化に重点を置いて解説していくことにします。

筆者がWindowsマシンばかり使ってきたために、Mac環境には詳しくないことや、
世間でもシェア的にWindowsマシンが多いですので、参考になる方の割合が多いかなと。

なお、ソフトウェア面での解説は、OSの仕組みを利用していますので、
Winマシンにしか役立たないかと思いますが、
ハードウェア面や、周辺環境面での解説は、仮にMacマシンであっても使える手法がほとんどですので、
よろしければ参考にしてみてください。

燃えPaPa
スポンサーリンク
livedoor プロフィール
最新コメント
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ