PC高速化レシピ_windowsマシンの高速化メンテナンス方法紹介

使っていると日々重くなるWindowsマシンの最適化方法の解説・検討ブログ

システムドライブをSSDに

こんばんは、
燃えPaPaです。

今回もシンプルに、パーツ交換で高速化しよう、という
ハードウェア面での改善のお話です。

少し前のパソコンですと、起動もデータ保存もハードディスクで、
というのが当たり前でしたが、近年高性能のSSDがどんどん安価で販売されていまして、
そのSSDが読み書き速度がハードディスクのゆうに10倍ほど、などということも多々あります。

そしてその速度を利用し、
システムの根幹であるWindowsをSSDにインストールし、動作させると、
それはそれは高速動作するようになります。

例えば、起動時で言えば、
ハードディスクにシステムが入っていた時に、起動に1分かかったのが、
SSDにすると10秒、というくらいはっきり効果が出ます。

どうしても買い替えでSSDにシステムを入れる場合、
1からフォーマットして、SSDにWindowsをインストールする、という作業が発生し、
慣れない人には負担ですし、長年使っていた人は、
各種アプリの再インストール等は手間だとは思いますが、
どうしても毎日パソコンを使うので高速化の方が命だ、という方にはオススメです。

なお、システムを入れるだけなら、
32GBか64GBあれば十分ですので(データ保存は今までのハードディスクを利用)、
そのくらいの容量のSSDの場合、最近では5000円しないで購入できるくらい安くなっています。

ssd

参考:SSDとは

ソリッドステートドライブ(英: solid state drive, SSD)とは記憶装置として半導体素子メモリを用いたストレージ(特に、ディスクドライブ)として扱うことのできるデバイスである。
・シークタイムがないためランダムアクセス性能に優れる
・物理的な稼動箇所がないため省電力、動作音がしないので静か
・物理的な稼動箇所がないためHDDよりはるかに振動・衝撃に強い
などの利点を持つ。



燃えPaPa

電源オプションで高パフォーマンスモードに

こんばんは、
燃えPaPaです。

今回も、手軽にできるソフトウェア面での改善をご紹介します。

その手段は、
電源オプションでパフォーマンスアップ!
です。

コントロールパネルの電源オプションを開き、
プランの中に、高パフォーマンスという選択肢を探し選びます。
多少機種に左右されますが、
ほとんどの場合この高パフォーマンスモードが一番電気をくいますが、
動作も早くなるモードです。

500x402x68cc0a561aad893b5ed391b5


これは、本体の性能アップに伴い、
その分電力消費が上がってしまいますので、
持ち運びのノート等でしたら、その分バッテリー消費が早いことだけは認識の上で取って欲しい手段です。

デスクトップパソコンとかでしたら、
コンセントから食う電力なぞ微々たる違いでしかありませんので、
どうぞためらわずに設定してしまってください。


燃えPaPa

サウンドを無しに

こんばんは、
燃えPaPaです。

今回ご紹介するのは、
ソフトウェア面の簡単高速化の操作で、

Windowsの動作サウンドオフ

です。
こちらも、Windowsのバージョン問わず、
毎度、Windowsのシステム動作時にはサウンドが出るように設定されています。
OS起動時や、アプリ起動、停止時や、アラートの出る時など、
これらは、大した重さではありませんが、その際に、わざわざ音を出しているわけですので、
切ることで、ほんのわずかですがOSの負荷を軽減できます。
もちろん、ほんとーに気持ち程度ですので、
そこまで劇的なものは期待できませんが。

640x512x6758c4a0b160950f80874f75



方法:
・ デスクトップ上で右クリックし、表示されたメニューから [ 個人設定 ] を選択しクリック
・ [ 個人設定 ] ウィンドウが表示されるのでサウンドをクリック
・ [ サウンド ] ウィンドウの [ サウンド ] タブが表示されるので、[ サウンド設定 ] の [ サウンドなし ] を選択
さらに [ Windows スタートアップのサウンドを再生する ] のチェックを外し [ OK ] をクリック

469x498x3d0f3d4f895dbb14b5af6c43



燃えPaPa
スポンサーリンク
livedoor プロフィール
最新コメント